今日の富士山

この所、晴天が続き、スッキリしているものの富士山は単調な眺めが続いている。
「何時でも撮れる」との思いで、サボっていたが、このままでは、カメラにカビが生えそうで、久しぶりに田貫湖に出掛けた。

<16:05>・・・・・現地に到着した頃
画像


<16:08>・・・・大沢崩れ
画像


<16:23>
風はほとんど無いが、近くのカモが動く度に、さざ波が立つ。・・・・これも愛嬌のうち!
画像


<16:24>
画像


≪付録≫
<16:27>
この時間帯は刻々色合いが変化して、油断でいないところであるが、この画像は、ホワイトバランスを「日影」にしてみた。
赤さが、強調されているが、実際はこれほど赤くはなっていない。
画像

皆既月食に挑戦したけれど

昨日(12/10)の皆既月食撮りに挑戦した。
只、この日は、飲み会があり、しこたま飲んで帰宅したのは、21時過ぎ、足下がふらつく中、三脚をセットした。

先ずは、合成写真・・・・合成写真のソフトを持ち合わせていないので、カメラ内蔵の合成機能を利用した。
(だから、真横にしたくとも、位置がずれてしまっていて、チト、見苦しい!
画像


夕方までは、雲がほとんど晴天だったが、21時過ぎには雲が出てきている。
24時前まで、雲間に現れる瞬間を狙って撮る。

以下の写真は、500mmで撮り、約2倍にトリミングしている。

<21:43>
画像


<21:51>
画像


<22:16>
画像


<22:41>
画像


<23:02>
画像





<0.11>
月が白い内は、AE、AFが作動し、シャタースピードも稼げるので、普通に撮れたようだが、
皆既月食に近づくと、ssは長くなる、酔いのための足下と頭の中は「フラフラ」、月は真上でレンズ「ズーム」が自然に下りてくる。

結局、皆既月食の瞬間頃はブレブレで失敗!!

画像


以上で切り上げ・・・・・zzzzzzz


師走十五夜(パール冨士)

今日(12/9)は旧暦十五日で、今年最後のパール冨士が見られるはずだ。
運が良ければ、山頂が赤い内に月が昇るかむしれない。
(事前調査では、五分ほどの差で無理か?・・・と推定したが・・・・)

<先ずは、16:50「残照の中で}>
画像


時間を遡り、順を追って、紹介します。
<16:34>
夕日は山頂付近を照らしているが、月はまだでない!
画像


画像


<16:42>
危惧したとおり、山頂の赤みが消えた後、月が出始めた、しかも、雲が邪魔している!
画像


<16:43>
その後、流れ去っていったが、月も模様を出そうとすると、富士山は暗くなってしまう。
画像


赤富士+パール冨士の最適日は昨日であったが、天候には勝てず諦めた、本日も午後から晴れてきて、まあ撮れたことを喜ぶべきか?


明日は、皆既月食とか!・・・・寒そうだが挑戦しよう!!



≪付録≫

「富士山に巨大アンテナの影」

・・・・ではありません。(前ボケです)・・・・・15:00頃、自宅付近より、500mmレンズにて

画像

低気圧過ぎし後

一昨日からの雨が上がり!
久しぶりの晴天の朝を迎えた。
今日(12/4)は、静岡県地域防災訓練の日で、午前9時~忙しくなるため、とりあえず、8時頃にいつもの所で記録写真として撮った。
まだ裾野まで冠雪していないが、雪は比較的厚そうで、これからの日射しにも耐えて、根雪になるかも知れない。

画像



画像


ちなみに、前回(11/24)紹介し冠雪は、11/27にはほとんど溶けていた。
画像





<付録>
たまに、暇つぶしにネットの麻雀ゲームをすることがある。
珍しく「7位にランクイン」できた!・・・・まぐれ!!
画像


現実には、こんな手は出来ないですよね~
画像




雪化粧

夜来の麓雨で、富士山も雪化粧していた。
やっと冬の季節がやってきた感じ!

いつもの定点撮影場所にて
<9:27>
画像


若干用があり富士宮市役所に出向き7階より市街越しにて
<10:37>
画像


<補強材入りガラス窓越し>
画像


そして、夕方いつもの場所にて・・・・・
すでに、南斜面の雪は薄くなっている。
この雪化粧も一旦は溶けてしまうだろう!

<16:32>
画像


画像





昨年は不作で入手できなかったが、今年も20kgの渋柿(当地名産「よつ溝柿」)を干し柿に!
多分80%はカミさんが食するが、小生も動員され皮むきに3時間以上!
いつもは90個/10kg程度だが、今年は小粒で130個/10kg・・・・・疲れたぴー!!

<写真は10kg分>
画像





本日、めでたく、67歳?・・・・・冥土の旅の「一里塚」・・・・デ~ス。  
・・・・焼酎学生さんより11歳若い?・・・・もう少し頑張らなければ!!!

冨士と青空と流れゆく雲

雨上がりの今日(11/12)、眩しいばかりの日射しの中で、期待したより少ないが、富士山は冠雪して、光り輝いている。
澄みきった青空には、筋雲が東へ流れていく。

<8:57~9:05>
画像



画像



画像



画像



画像


この雪も、すぐ溶けるだろう。
それを繰り返し、本格的な冬を迎える。

富士山 五合目

富士山の冠雪を期待しているが、この所の暖かさで期待はずれとなっている。
立冬を迎えた今日はきっと、冠雪していると思うが、雲間で確認できない。

原則として、富士撮りは当日撮影をアップすることを心掛けていたが、最近は撮りっぱなしが多い。
で、少々、前になるが、11月4日に出掛けた「富士山五合目」を紹介します。

この日、紅葉情報で、富士山スカイラインが「見頃」とのことで、二合目あたりの「西臼塚駐車場」に出掛けたが、紅葉は峠を越し、富士山も雲の中であった。
そこで、雲の上の晴天を期待して、五合目まで足を伸ばすことにした。

途中の「七曲がり駐車場」(3.5合目ぐらい?)にて。(時々、山頂が顔を出している)
画像


山頂(剣が峰)の測候所が間近に見える。
画像


そして、五合目・・・・
画像


時々、雲が黄色く色づいた斜面を走り過ぎていく。
画像


測候所もくっきり見える。
画像



やっぱり、五合目となると、雲の上だ!
手前の家屋は売店だが、山梨県側の「スバルライン」の売店の規模に比べ小規模でみすぼらしい。
おかげで、大型バスもほとんど見かけなく観光客が少なく、中国語が乱れ飛ぶことが無い。
画像


カミさんは記念とばかり、若干の買い物をしたようだ。

久々の冠雪

“グウタラ”と過ごしており、長い間サボっておりました。(お許しを!!

昨日(10/31)は、久々に・・・・ほんの少しだけ冠雪しましたので、紹介します。
朝、笠雲が現れていたが、背景は曇り空で、見栄えが悪いとして油断していたうちに、青空になったものの、笠雲もほとんど消滅していた。

画像


画像



画像


この冠雪も、今日はすっかり姿を消して、富士山が秋空にそびえていた。(写真は無いデス


<10/25:夕景の笠雲>
やっぱり、背景に雲があると、・・・冴えない感じである。
画像


***************************************

所で、今冬も、数値目標を定めないらしいが、節電が必要らしい。
我が家の節電実績は
6月:-16%、7月:-15%、8月:-10%、9月:-26%、10月:-20%
と、まずまづの結果であった。
これで、原発に頼らなくても良いのかな???
<我が家の実績>
画像

久々の快晴

今日(10/16)は昨日の雨が足早に過ぎ去り、久々に澄み渡った青空になった。
終日、富士山がスッキリ姿を現し、黄葉が随分下がってきている。
絶好の赤富士日和で、田貫湖でもと思ったが、風が残っており、逆さ冨士は期待できないと思い、いつもの定点撮影地点へ。(いつもの・・・・手抜きです)

<16:49>
画像


<17:08>
画像



<17:11>
画像

近江路 再び

10/6.7の自治会役員の研修旅行で
彦根→近江八幡→大津(泊)→比叡山
のコースを巡った。
これは、今年6月に学生さん、Sueさんと巡ったコースとほとんど同じだ。
計画時に、不参加にしようかなと思ったが、運が良ければ、ログ友に会えるかも知れないと思い参加することにした。
<彦根城>
画像

彦根城見学を早足で駆けめぐり、「珈琲所 ござれ」を訪ねる。
所が、店はシャッターが下りている・・・・・・(残念!
事前に詳しく連絡しなかった事を大いに反省!!
・・・・・彦根城を後にしたバスの中から見ると、シャッターが開いている・・・・多分、15分差か????

<近江八幡(八幡堀)>
富士宮市と近江八幡市は、全国でも珍しい「夫婦都市」としている。
どちらが、「夫or妻」は容易に推定できる???
画像


<宿の部屋付き露天風呂>
雄琴のホテルでは、部屋に露天風呂付きだった。(このような部屋に泊まったことは初経験・・・・いつも格安旅館)
のんびり浸かっている時、携帯に電話が入ったようだが、気付かない!
30分後に再度電話が・・・・・・
Sueさんが訪ねて来てくれた!!
小生の“うかつ”で話す時間が随分短くなってしまったが、楽しい一時であった。
画像


<比叡山:根本中堂>
画像



≪おまけ≫
10/10は十四夜で、日の残る内にパール冨士が撮れそうだった。
想定した現地に着いたが、空気は霞み、富士山頂あたりには薄雲が漂っている。
想定通り、山頂からの月は確認できたが、ぼやけている。
やはり、十一月にならないと駄目なようだ!
画像



青と白の競演

朝遅く起きて驚いた!
この時期、裾野まで冠雪しているのは珍しい光景だ。
よく見ると、頂上には雪が無く、5~9合目あたりに積もっている。

早速、いつもの所で撮ってみたけれど、霞んでクッキリしない・・・・チト不満!!
そこで(珍しくカミさんと連れ立って)、2合目あたりに出掛けた。

現地は想像以上に、空が青く、雪の白さが映えて久々の感度ものだった。
まだ、ほとんどが緑の裾野の上部には、黄葉が始まっているようだ。
これから、秋が駆け足で下りてくるだろう。

先ずは、トリミングして、ワイド気味に!
画像


画像


画像


宝永山火口は、相変わらず、大口を開けている。
(画像をクリックして、等倍画像で、迫力を実感してください)
画像


<おまけ:冨士アザミとともに>
画像


そして、夕方には、西南斜面の雪は、ほとんど消えていた。

明日は雨予報なので、数日後には、この日と異なる冠雪状態が期待できそうだ。

やっと!!

この所、自治会の用などで、せわしい時を過ごし、「やっと、一段落」と言ったところです。
随分遅れたましたが、近況を駆け足で報告しま~す。


9/23には、富士山の初冠雪のニュースが!・・。 
でも、気付いた時はすでに遅し!

そこで、二番冠雪の富士山を紹介しま~す。

<9/27:11:00>
画像


<17:35>
富士山が赤く染まる頃には、雪も溶けているようだ。
画像





所で、
9月20日~22日、カミさんを残し、小生のみ台風を避けて?北海道に行って参りました。

昨年は伊豆での企画、順番で今年は埼玉県の学生時代の友人と共に北海道の友人を訪ねたのが、たまたま台風に遭遇でした。

<9/20:羽田空港にて>
台風が迫っているが、まだまだ先の雰囲気です。
画像


<9/21:札幌在住の友人の案内で市内巡り・・・・大倉山シャンテにて>
こんな目の回る所からジャンプとは・・・「恐れ入りました」・・・・(珍しく、選手の練習中でした)
画像


その後、支笏湖湖畔の「丸駒温泉」へ・・・・部屋からの東空までの夕焼け!・・・台風は何処へ!
友と語り合い、酒も美味しく、楽しい一時を過ごす。
画像


支笏湖畔の露天風呂・・・
画像


<9/22>
台風の影響は、ほとんど無く、夜半激しい雨音を聞いた覚えがある程度でした。

支笏湖を出発し、新千歳空港へ向かう途中、「花ロード恵庭」にて、事前に連絡して約束したログ友の「極楽とんぼ」さんと待ち合わせて、記念写真を撮り、自己紹介やら色々な会話に花を咲かせました。(感謝
(落ち着いた感じの素敵な人でした)

その後、何とか台風の影響も無く、無事自宅に帰り着きました。

台風にもかかわらず影響なく過ごせたのは、
いつもの、オフ会仲間の「晴れ男、晴れ女」さん達のおかげか???

でも、でも、・・・留守の間、自宅近辺を通り過ぎた台風は、カーポートのアクリル板を割り、屋根瓦1枚を吹っ飛ばしていました。(罰?

中秋

今日は中秋の名月!
赤富士+名月を狙ったが、17:30頃には、生憎富士山は雲間で東空も雲がたなびいている。
諦めていたが、それでもと思い、ふと富士山を見ると、雲がない!
で、とりあえず、いつもの場所へ出掛ける。

<17:58>
まだ、山頂付近は、夕日が差して、ほんのり色付いている。 
画像


本来なら、裾野から、名月が顔を出している頃だが。。。。
画像


<18:07>
やっと、雲の上に顔を出した。
画像


<18:13>
月は益々輝き、相対的に辺りが暗くなる。
画像


<18:15>
富士山は赤くはないが冨士と名月のコラボで・・・
画像


久々の快晴

今日は何ヶ月ぶり火の快晴で、富士撮りをする気になり、ちょっと出掛けた。
やっと、重い腰が動き始めた???

<朝?の散歩で:10:47>
いつもの所で、代わり映えしませんが、このようなスッキリした富士山は、久しぶりです。
画像


<田貫湖へ>
車の6ヶ月点検を終え、その足で「赤富士」を期待して田貫湖へ。

①16:20
まだ日暮れには遠く、田貫湖のキャンプ場には、夕食の支度中のてんとがあちらこちらにありました。
画像


②17:21
時間待ちいているときに珍しい雲が・・・・・飛行機で分割されているのか???・・・・でも、飛行機は見えない!!
画像


③17:27
少しばかり赤くなってきたが、モヤがかかりスッキリしない。
中腹の雲が、雰囲気を出している。
画像


④18:00
山頂あたりに、雲が現れ、早めに切り上げて替える途中の道路沿いで・・・・
富士山日かずいたせいか、少しばかりスッキリしている。
(右上の雲が、田貫湖からは山頂を邪魔していたようだ)
画像


<付録>
小生は、○○会が好きなようで、今年は4月のオフ会、6月のOB会&オフ会、8月には高校同窓会に参加した。
・・・今年の終盤も招集・訪問しま~す。

以下の動画は、クラス会での幼なじみ「杣家さん」(リンク先「新・そまやのくらし」参照)が撮ったのを拝借してアップしました。
(一瞬、写っていますので眺めて下さ~い。・・・小生をご存知の方はもとより、ヒゲで解るかな??






























庭の片隅で①(2011)

ここ数年、腰痛のため、ほとんど庭の手入れをしていない。
鉢植えも水やりはするものの、肥料はほとんど無し!
庭の片隅の花々も、雑草との生存競争で、生き残る花、敗北する花・・・色々あるが、概して、球根類はしたたかなようだ。
<エビネ>
クローバー、スズラン、稚児ユリ(?)などと闘って、今年も咲いています。
画像


画像


<フリージアの一種(??・・・解りません?)>
庭にもあるが、これは鉢植え。
画像


画像


そろそろ、大整理と手入れをしようかと考えていますが・・・・・・出来るかな?

今回は、天候不順と黄砂のため富士山がありません。(多分、当分の間・・・・9

今期最後?????

雨上がりの今日は、晴れにもかかわらず、富士山は黄砂に沈んでいた。
今年は、随分遅い黄砂だ。

そこで、4/28(木)の、今期最後(?)と思われる「澄みきった青空の下の富士山」を紹介します。
本来なら、早朝~夕景まで適正な場所での富士撮りが望まれるが、いつもの自宅すぐ傍での無精をお許し下さい。

画像


画像

画像


富士山を染めるほど出はないが、西空に日が沈んでいった。
画像






春の富士山麓②:桜と共に編

好天のOF会第2弾!
今回は、桜花を中心に!

<朝霧高原にて>
うん?・・・・桜はないが、桜→花→牛の鼻をご覧下さ~い。
画像


<冨士桜自然墓地公園にて>
8千本が咲き誇る桜と富士山のコラボをどうぞ。。。
画像


画像


画像


<大石寺にて>
これも桜・・・・
画像


<駒止の桜>
富士山は雲間だった。
画像


又、来年をお楽しみに!!

春の富士山麓:富士五湖編

富士山ぐるりのOF会(富士ん会)を4/20に実施した。
詳しい、ルートや内容は次のURLを参照されたい。
焼酎学生さん  :http://blog.goo.ne.jp/kaichi70/
yuusuke320さん:http://yuusuke320.blog115.fc2.com/blog-entry-1494.html#comment

今回は<その1>として「冨士五湖」を紹介します。
冨士五湖は、度々出掛けているので、同じような写真になってしまっている。
「富士山と湖」や「富士山と桜」などその組み合わせは素晴らしく絵になるが
「晴れ」こそが最大のご馳走だ!!

<山中湖>
昨年の2月、OF会(ダイヤモンド冨士)での思い出の場所!!
この柵に鈴なりのカメラマンが張り付いていた。
今回は、酒を買う必要はなかった。 →×
画像


<河口湖①>
全国○○冨士の石を集めたモニュメントにて・・・・改めて、我が故郷の「御嵩冨士」(岐阜県)の石を確認・納得する。
画像


<河口湖②>
僅かにあった芝桜も満開!
画像


<西湖>
同じアングルで、数回撮っている。・・・・透き通った湖水が気持ちが良い・・・・
画像


<精進湖>
少し平凡な構図となってしまったが、赤い色合いが面白い。
画像


<本栖湖>
コブシが満開であったが、やっぱり、富士山には月見草ではなく、桜が似合いそうだ。
それにつけても、湖水の青さは感激ものである。
画像


<読者の諸氏へ>
何時でも同行しますので、声をかけてくださ~い。
但し、晴れ男・晴れ女に限りま~す。

夕日と桜と・・・

地震被害も原発事故も・・・・何事もないかの如く、花は咲き、日が沈み、月も巡る。

<夕日と桜と鉄塔と>
昨年もほぼ同じ構図で、ベネに投稿したことがある。
画像


<夕日と桜と鉄塔と②>
夕日の指す桜と影の桜の色合いが面白い。
画像


<夕日と桜と月と (十二夜の月:4/14)>
画像


<夕日と桜と月と②>
月をアップで狙うと、前ボケの桜がうるさく、目が回りそうになってしまった。
画像


<そして・・・日が沈む>
画像


<付録>
今回は富士山がないので、おまけとして・・・・・富士川SAにて

画像

春が来た

今年の桜は1週間以上遅れているが、ようやく自宅近辺も満開になった。
今日は、春にしては比較的空気が澄み、雲ひとつ無い晴天だった。
そこで、来週のOF会の目的地の一つの冨士桜自然墓地公園に偵察に出掛けた。

アララ!入口付近ではすでに3~5分咲き!!
画像


画像



でも、公園の中は、開花寸前!!
画像


少し麓の方に下った所で・・・・ここはほぼ満開!!
画像


こんなに晴れた日だと、今日の開催が良かったかも知れないと、反省しきりです!

<付録>
3/15の富士宮地震はM6.4で震度6強であった。
近隣の家屋では、瓦の落下が多数出ていた。

画像



幸い、我が家では、屋内の落下物もほとんど無く、鬼瓦が首をかしげる程度で被害がなかった。
(比較的地盤状況が良かったようだ)
画像


しかし、今日屋根に登って調査をしてもらったら、棟瓦が歪んでいる。
修理見積もりを見て、少し憂鬱である。